タバコは機内に持ち込める?タバコやライターの持ち込み制限まとめ

タバコは機内に持ち込める?タバコやライターの持ち込み制限まとめ
飛行機を利用する楽しい旅行や大事な出張の荷造りをしている最中、愛煙家にとって気になるのが機内へのタバコやライターの持ち込み制限ではないでしょうか。
そこで今回は愛煙家の皆様に欠かせないタバコやライターの持ち込み制限についてご案内いたします。

タバコは機内に持ち込みOK!

タバコ類は機内に持ち込むことができ、個数の制限も特にありません。
電子タバコには持ち込む際の注意事項が、ライターには持ち込みに制限がありますので、それぞれについて詳しくご案内させていただきます。

紙巻タバコについて

紙巻タバコに機内持込制限はありません。
手荷物として持ち込む場合は、航空会社ごとに定められている手荷物のサイズ内に収まるようにして持ち込みましょう。

電子タバコについて

電子タバコについても、機内に持ち込むことができます。
ただし、手荷物として持ち込む場合は、機内でリキッドが漏れることを防ぐために袋でしっかり包みましょう。
また、ショートしないために購入時に付属していた容器に収納するか、テープで端末を保護するなどして、必ずバッテリーを絶縁しておきましょう。
なお、電子タバコのバッテリーは機内で充電することができません。

ライターについて

ライターやマッチは航空会社に預けて運ぶことができないため、必ず機内に持ち込む手荷物に分類しておきましょう。
また、個数も定められており、使い捨てライター・ZIPPO等の綿にオイルを染み込ませるタイプのライター・マッチは合わせて一人につき一個までとなっています。
また、葉巻ライターやオイルタンク式ライターは機内に持ち込むことは出来ませんので、注意しましょう。

機内での喫煙はNG!

タバコやライターを持ち込めても、喫煙することはできません!
機内は座席や化粧室など、全てが禁煙です。

化粧室に灰皿があるけど・・・?

化粧室に灰皿が付いていることがありますが、これは過去に使用していたもので、現在は化粧室内でも喫煙は禁止されていますので、間違って使用しないように気をつけましょう。
機内は密閉された特殊空間となり、飛行中に火災が発生しても機外に脱出することができないため、喫煙をはじめとする火気は厳禁です。
さらに、化粧室で発生した火災や煙などの異常は乗務員が気付きにくく、紙類などの燃えやすいものがあるため、感知器が設置されています。
この感知器が作動すると、機長の判断で最寄空港に緊急着陸するか、出発空港へ引き返すといった措置がされるため、喫煙は搭乗する前に決められたスペースで済ませておきましょう。

長時間の禁煙がツラい場合の対処法

機内禁煙は分かっていても、長時間のフライトでずっと喫煙できないのはツラいものですよね。
最後にどうしても吸いたいときのオススメ対処法をご紹介いたします!

ニコチンガムを噛む

タバコを吸いたくなる理由はほとんどが「口が寂しい」ではないでしょうか?
そこで、ニコチンが含まれたガムを噛んで、「口が寂しい」から起きる「タバコを吸いたい」という衝動を回避しましょう!
ニコチンガムが無い場合は、通常のガムや飴でも多少の効果があると思いますので、機内で吸いたくなってしまった場合はぜひお試しください。

ニコチンパッチを貼る

ニコチンガムより強力なのがニコチンパッチです。
ただし、こちらは使用方法を守らないと副作用が起きる場合がありますので、使用上の用法・容量をしっかり確認した上で使用するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
愛煙家にとって喫煙できないフライトは少々ツラいものがありますが、いつもはタバコを吸っている時間を読書や音楽を聴く時間に変えて、のんびり空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

そらのるドットコムで格安航空券を徹底比較・予約される方はこちら!

今すぐ格安航空券を徹底比較・予約される場合はこちら!